車両保険。エコノミーと一般(フルカバー)のどちらを選ぶ?相場は?

事故をしたときに、自分の車の修理費を払ってくれる車両保険。

いざ事故をしたときにはとても便利ですが、自動車保険のなかで最も保険料が高く、つけるかどうか悩む補償でもあります。

「車両保険をつけると、この値段になります」

そう言われ、あまりに値段が変わるのでびっくりされた経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

今回は、車両保険の相場を年代別に徹底解説した上で、お得に車両保険に入る方法をご紹介します。

車両保険には2つのタイプがある

一言で「車両保険」と言っても、大きく2つのタイプがあります。

  • 一般車両保険
  • エコノミー車両保険

一般車両保険:相手がある事故から自損事故までフルカバー

一般車両保険は、「フルカバー型車両保険」と呼ばれることもあります。

幅広く、車の修理を補償してくれるのが特徴です。

例えば、以下のようなケースがすべて補償対象になります。

  • 相手がいる事故
  • 当て逃げ
  • 自然災害(台風で水に浸かる等)
  • いたずら(ひっかきキズを入れられた等)
  • 自損事故(車庫入れを失敗してぶつけた等)

心強い保険ですが、その分、保険料は高めです。

エコノミー車両保険:補償を限定してリーズナブルに

エコノミー車両保険は、補償の範囲を限定することで、保険料を安くしたリーズナブルな車両保険です。

一般型では幅広く補償がありましたが、エコノミー型では「自損事故」や「当て逃げ」は対象外になります。

その分、一般車両保険にくらべて保険料をかなり安く抑えることができますよ。

一般車両保険とエコノミー車両保険の比較

わかりやすいように一般車両保険とエコノミー車両保険の補償内容を比較して、表にしてみました。

「エコノミー車両保険では当て逃げを補償できない」点には注意が必要です。

事故の内容 一般車両保険 エコノミー車両保険
他の車とぶつかった
飛び石で、フロントガラスにヒビ
台風やゲリラ豪雨で水につかった
火災に巻き込まれた
いたずらでひっかきキズ
電柱に衝突した ×
自転車にぶつかった ×
当て逃げをされた ×
墜落してしまった ×

車両保険で補償できないもの

一般車両保険やエコノミー型車両保険には、自然災害で車が損害を受けたときの補償があります。

ですが、注意が必要なのは「地震・津波・噴火」は対象外という点です。

「水につかって車が動かなくなってしまった」というケースでも、原因が台風やゲリラ豪雨なら補償の対象になりますが、地震や津波が原因の場合には、対象外になってしまいます。

地震・津波・噴火による損害をカバーするためには、別途、専用の特約をつけなければいけません。

地震・津波・噴火の損害をカバーする特約を用意しているかどうかは、保険会社によって違いがありますので、気になるなら事前に一言相談しておきましょう。

一般車両保険とエコノミー車両保険はどちらがお得?

おすすめは、エコノミー型です。

一般車両保険とエコノミー車両保険では、およそ保険料が1.5倍近く違います。

1.5倍の保険料になって、補償が広がるのは間違いありません。

では、保険料が1.5倍になって、どれだけ補償が広がるかというと、「自損事故」と「当て逃げ」を対象にできるかどうかです。

確かに対象にできれば心強いですが、自損事故や当て逃げは修理額がそれほど高くならないケースが多く、保険を使ったあとの「保険料アップ」のほうが高い、なんてことが起きたりします。

事故で自動車保険を使うと保険料はいつから、いくら上がる?保険料アップを抑える方法は?

自動車保険で一番大きな割引である「等級制度」が2013年に改定されたことで、少額の事故では保険が使いにくくなりました。

もちろん補償の対象なので保険を使って直すことはできるのですが、使った後の保険料アップが大きく「使えるけど、使わないで直したほうが結局お得」になることもあります。

損害が大きい事故を、優先的に保険で対応するほうが良いでしょう。

車両保険の相場(年代別)

車両保険のありなしで、保険料はどれくらい変わるのか見積もりを調査してみました。

普通車の車両保険相場

普通車の車両保険の相場は、車ごとにまったく変わりますので車ごとの保険料相場記事を参考にしてくださいね。

軽自動車の車両保険相場

軽自動車で車両保険をつけると、相場はいくらでしょうか。

軽自動車の保険料相場は?

まとめ

車両保険は、保険料が高めですが、事故をしたときには非常に頼りになる補償です。

車両保険がついていないと、相手のケガの治療費(対人)、相手の車の修理費(対物)、自分のケガの補償(人身傷害)は保険で対応できたのに、自分の車の修理費だけは一部自腹…!になってしまいます。

相手からの賠償金もありますが、それでは修理費をすべてまかなえません。

車両保険を外せば保険料は安くなりますが、万が一のための保険。

補償をそのままにして、安い保険料のところを選ぶのが一番お得ですよね。

保険料を安くするテクニックについては、こちらの記事にまとめています。

必要な補償を残しつつ自動車保険を安くする10の方法