【セカンドカー割引】2台目の自動車保険を安くする方法

家族の活動範囲が広がっていくと、車が1台では足りなくなってきますよね。

「子ども用にもう一台…」

「家族用にミニバンはあるけれど、通勤しやすい軽自動車を買い足したい…」

そんなときには、ぜひセカンドカー割引が使えないかどうかをチェックしてみましょう。

2台目以降の自動車保険をかけるときに、保険料を安くできますよ。

セカンドカー割引とは

セカンドカー割引というのは通称で、「複数所有新規」というのが正式な名前です。

同居の家族や自分がすでに車を持っていて、その車に任意保険がかかっていて11等級以上であれば、新しく自動車保険に入るときに保険料がおトクになります。

セカンドカー割引の割引率

自動車を保険を新しく契約すると、通常は6等級からのスタートになります。

6等級では、適用される割引もほとんどないので、どうしても保険料が割高です。

一方、セカンドカー割引を使って、自動車保険を契約すると、新規契約であっても7等級からスタートできます。

6等級と7等級、たったの1等級しか違わないのですが、割引率はかなり違いがあります。

一例として、損保ジャパン日本興亜社の割引率の違いを見てみましょう。

全年齢補償 21歳以上補償 26歳以上補償
6S等級 28%割増 3%割増 9%割引
7S等級 11%割引 11%割引 40%割引

年齢条件によって違いがあるものの、セカンドカー割引を使うことで、15%~30%近い割引率の差がありますね。

自動車保険のほかの割引をチェックしても、ゴールド免許割引が約10%、安全装置つきの車を安くするASV割引が9%ほどの割引ですので、セカンドカー割引がどれほど大きいかがわかります。

3台目でも4台目でも使える

ちなみに、名前が「セカンドカー割引」だからといって、2台目にしか使えないということはありません。

3台目でも、4台目でも、条件さえ満たせば使うことができますよ。

セカンドカー割引を使うための条件

セカンドカー割引を使うためには、以下の条件をすべて満たすことが必要です。

  • すでに自動車を持っており、名義が「個人」であること
  • 2台目の自動車も「個人」名義であること
  • 1台目と2台目の自動車保険の記名被保険者が「本人」や「配偶者」「同居の親族」であること
  • 1台目の自動車保険が、11等級以上であること(保険会社はどこでもOK)
  • 2台目のクルマがはじめての契約であること(今までに保険をかけたことがあると、セカンドカー割引は使えません)
  • 1台目、2台目とも車が「自家用8車種」であること
  • 「自家用8車種」というのは、自動車保険にときどき出てくる言葉で、次の8つの車種をまとめてそう呼びます。

大事なポイントを解説します。

1. 車の名義が個人

まず、車の名義が「個人」であることが必要です。

1台目の車も、2台目の買い足す車も、両方の名義が「個人」でないと使えません。

法人には、セカンドカー割引は適用できませんのでご注意ください。

2. 自動車保険の記名被保険者が「本人」「配偶者」「同居の親族」

自動車保険では、契約をするときに「主に運転する人」を設定します。

保険の用語では、「記名被保険者」と呼びます。

セカンドカー割引を使うためには、1台目の車の記名被保険者と、2台目の車の記名被保険者が「本人」「配偶者」「同居の親族」のうちのどれかに当てはまる必要があります。

同居している家族ならセカンドカー割引を使うことができますが、別居している人の車にはセカンドカー割引は適用できません。

3. すでに持っている車の自動車保険が11等級以上

セカンドカー割引を使うためには、すでに持っている車の自動車保険が、11等級以上である必要があります。

11等級以上であれば、保険会社はどこでも関係ありません。

1台目の車と2台目の車を、別の保険会社で契約したとしても複数所有新規は使うことができますよ。

4. 自家用の車であること

セカンドカー割引は、自家用の車にだけ適用されます。

事業用のトラックや貨物車などは対象外ですのでご注意ください。

自家用かどうかを厳密にチェックしたいときには、車検証を確認すれば載っていますよ。

車検証に以下のような表記があれば、セカンドカー割引の対象です。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 特種用途自動車(キャンピング車)

複数の自動車保険をおトクにかけるテクニック

セカンドカー割引は、自動車を増やすときにはぜひ使って、おトクに保険を用意しましょう。

なお、セカンドカー割引のほかにも、複数の自動車保険をおトクに用意するテクニックもありますので、そちらもあわせてご覧ください。

【自動車保険の節約術】補償が重複!?チェックしたい4つの特約

必要な補償を残しつつ自動車保険を安くする10の方法