プリウスの自動車保険料の相場は?年代ごとに3社の見積もりを比較

普通車の人気ランキングで必ず上位に顔を見せる、トヨタ・プリウス。

プリウスの魅力はなんといっても抜群にいい燃費ですよね。

せっかくランニングコストが安いプリウスですが「自動車保険が高い」という声もあります。

プリウスの保険はやっぱり高いんでしょうか。

いくらぐらいの保険料が平均相場なんでしょうか。

今回は、プリウスの自動車保険について徹底解説します。

プリウスの自動車保険は高い?

「プリウス 保険料」と検索すると、「高い」や「概算」といった値段を気にするサジェストが目立ちます。 プリウスの保険料は高い?

実際にプリウスの保険料は他の車に比べて高いのでしょうか。

検証してみましょう。

自動車保険の保険料は「料率クラス」で決まる

プリウスに限らず、自動車保険の保険料が高いか安いかを確認するには、その車の「料率クラス」を確認してみてください。

自動車保険の値段は、この料率クラスにもとづいて決まるからです。

※料率クラスが決まっているのは普通車の場合です。軽自動車などは対象外になります。

過去の事故実績にもとづいて、車の型式ごとに1~9までの料率クラスが決められています。

プリウスの料率クラス

実際に、プリウスの料率クラスを確認してみましょう。

 プリウス 対人 対物 傷害 車両
4代目 4 5 4 5
3代目 4 4 5 5
2代目 6 5 4 4
  • 対人⇒「対人賠償」の保険料のもとになる数字です。
  • 対物⇒「対物賠償」の保険料が決まります。
  • 傷害⇒「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」といった、乗っている人のケガの補償の保険料のベースになります。
  • 車両⇒「車両保険」の保険料を左右します。

料率クラスは1~9まであり、数字が低いほど保険料が安くなります。

プリウスの料率クラスを確認してみると、確かに2代目プリウスは対人クラスが「6」になっており保険料が高めです。

一方、3代目・4代目プリウスの料率クラスは、「4」と「5」ばかりになっており平均的な水準といえます。

他の車とくらべてプリウスが特別高いわけでもありません。

プリウスの年代ごとの平均保険料

次に、実際の年代ごとの保険料を確認してみましょう。

今回はイーデザイン損保、三井ダイレクト、損保ジャパン日本興亜の3社から見積もりを取ってみました。

見積もりの条件
●トヨタ・プリウス(平成27年式・ZVW50)
●通勤通学使用(年間7,000km以下)
●ブルー免許
●対人賠償:無制限
●対物賠償:無制限
●人身傷害保険:5,000万円
●弁護士費用
●ロードサービス
●車両保険は「なし」「エコノミー(230万)」「一般(230万円)」の3パターン

10代(18歳)の保険料相場

10代を補償の対象にするには、年齢条件のところで「年齢問わず補償」を選ぶことになります。

「年齢問わず補償」は、どの保険会社も保険料を相当高く設定しています。

新規加入をする場合

新規加入をすると、6S等級からスタートになります。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン 200,560円 363,790円 574,950円
三井ダイレクト 175,220円 305,450円 446,920円
損保ジャパン 258,390円 442,110円 658,130円
平均 211,390円 370,450円 560,000円

もし2台目の車なら「セカンドカー割引」が使えるかもしれませんので、ぜひ確認してみてください。

家族から等級を引き継げた場合(17等級の事例)

未成年の自動車保険は高すぎるので、等級を引き継ぎして保険料を安くする方法がよく使われます。

仮に、親が17等級の自動車保険を持っていて、それを引き継いだ場合にどうなるのか、見積もりを取ってみました。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 80,050円 142,140円 222,450円
三井ダイレクト損保 78,320円 132,150円 205,860円
損保ジャパン日本興亜 97,720円 173,720円 263,080円
平均 85,363円 149,336円 230,463円

高いとはいえ、新規加入に比べると断然安くなりますね。

ほかにも未成年の保険料を安くするテクニックはこちらをどうぞ。

18歳の自動車保険の相場は?高すぎる未成年の保険料を安くする方法

20代前半(21歳)の保険料相場

21歳になると、どの会社も「21歳以上の限定補償」を使うことができるようになるので、保険料がグッと下がります。

9等級の場合

18歳で新規からスタートすると、21歳のときには9等級になっているはずです。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 66,580円 116,750円 181,640円
三井ダイレクト損保 59,890円 95,290円 147,350円
損保ジャパン日本興亜 79,190円 131,580円 201,010円
平均 68,553円 115,740円 176,666円

家族から等級を引き継げた場合(17等級)

17等級だと、どれくらいの相場でしょうか。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 56,860円 97,420円 149,900円
三井ダイレクト損保 50,370円 79,960円 120,880円
損保ジャパン日本興亜 66,090円 112,250円 166,540円
平均 57,773円 96,543円 145,773円

26代後半(26歳)の保険料相場

26歳になると、「26歳以上の限定補償」を使うことができるようになります。

13等級の場合

18歳で新規加入をして、26歳まで事故がなければ13等級になっているはずです。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 42,410円 70,890円 107,740円
三井ダイレクト損保 45,070円 69,810円 102,740円
損保ジャパン日本興亜 56,720円 95,840円 141,840円
平均 48,066円 78,846円 117,440円

等級を引き継げた場合(20等級)

等級を引き継いでスタートしていれば、最高の20等級(63%割引)まで到達しているケースもあるでしょう。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 30,200円 49,110円 73,570円
三井ダイレクト損保 33,580円 52,520円 75,590円
損保ジャパン日本興亜 42,380円 70,760円 104,140円
平均 35,386円 57,463円 84,433円

30代の保険料相場(20等級)

30代は、保険会社によって対応が分かれている年代です。

年齢条件が細かく設定できる保険会社と、できない会社があります。

  • 「30歳以上限定」を用意している保険会社
  • 「35歳以上限定」を用意している保険会社
  • どちらも用意している保険会社

また、18歳で新規加入をしたとしても、保険を使う事故がなければ30代で無事故割引が最高まで到達します(20等級)。

63%もの割引は嬉しい半面、それ以上、保険料が下がりません。

20等級で、さらに保険料を下げたいときには自動車保険の一括見積もりなどで保険会社比較をするのが一番おすすめです。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 25,010円 40,390円 60,280円
三井ダイレクト損保 28,910円 45,230円 64,660円
損保ジャパン日本興亜 39,660円 64,740円 94,230円
平均 31,193円 50,120円 73,056円

40代の保険料相場(20等級)

40代になってくると、保険料は安い水準で安定してきます。

年齢条件には「35歳以上の限定」が最高で、それ以上の区分がないからです。

「安定している」というと聞こえはいいですが、逆に言うとあまり保険料が下がりません。

「おとなの自動車保険」など、この年代を安くしている保険会社もありますので、保険料を安くするなら保険会社を比較することが一番効果が大きいといえます。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 25,570円 42,430円 63,550円
三井ダイレクト損保 26,540円 42,970円 63,310円
損保ジャパン日本興亜 37,480円 62,200円 91,260円
平均 29,863円 49,200円 72,706円

50代の保険料相場(20等級)

50代も、40代と同じような傾向が続き、保険料がなかなか下がらなくなります。

50代、20等級、35歳以上限定の保険料相場は次のようになりました。

車両なし エコノミー 一般車両
イーデザイン損保 26,700円 44,300円 67,060円
三井ダイレクト損保 26,020円 42,420円 62,680円
損保ジャパン日本興亜 37,120円 61,950円 91,150円
平均 29,946円 49,556円 73,630円

また、50代になってくるとお子さんが運転するようになって保険料が跳ね上がることもあります。

「お子さんが運転する」と一言でいっても、「同居」か「別居」かで保険料がまったく変わります。

別居であれば、35歳以上限定にしていても、18歳の子どもが運転しても補償されるからです。

年齢条件はときどき間違えて設定されているケースがありますので、正しい決め方を確認しておきましょう。

自動車保険の「年齢条件」で保険料を安く!割引率と正しい決め方

まとめ

プリウスの年代別の保険料相場は、いかがでしたでしょうか。

他の車に比べて、プリウスだけが高いわけではなく、平均的な水準ですが、「それでも高い」「掛け捨ての保険なんだから、安くしたい」と思ったら、自動車保険の一括見積もりサービスをおすすめします。

今回は、3社の見積もりを取って平均を出してみましたが、年間で2万円、3万円といった差が出ています。

とはいえ、いちいち保険会社に見積もりを取るのは面倒くさいですよね。

一括見積もりサービスなら、ほんの5分程度で最大20社の見積もりを取ることができますよ。

インズウェブ自動車保険一括見積もり