自動車保険の「年齢条件」で保険料を安く!割引率と正しい決め方

自動車保険の保険料を下げる方法に「年齢条件」があります。

  • 26歳以上
  • 35歳以上

といったように、年齢を限定することで保険料を安くする割引です。

年齢条件はよく使われるわりに、誤解しやすいところもあります。

誤解したままでいると、ムダな保険料を払ってしまっているケースも。

今回は年齢条件の各社の割引率の違いや、損をしない設定のポイントをまとめてお送りします。

自動車保険の「年齢条件」とは

保険会社によって違いがあるものの、多くの自動車保険では年齢条件を設定することができます。

運転者の年齢を「●●歳以上」と限定することで、保険料が安くなる仕組みです。

例えば、

  • 運転者・21歳以上限定
  • 運転者・26歳以上限定
  • 運転者・30歳以上限定
  • 運転者・35歳以上限定

こうした条件を設定することで、保険料が安くなります。

年齢条件で安くなる理由

自動車保険の保険料は、過去の事故率にもとづいて決まっています。

年齢が若い人ほど事故率が高いので、保険料も高くなってしまいます。

そこで年齢条件を設定して、事故が多い年代を対象外にすることで保険料がグンと安くなる、というわけです。

ここが誤解しやすい!年齢条件は誰に適用される?

単純に思える年齢条件ですが、一つ誤解しやすい点があります。

誤解しやすいのは、誰に年齢条件が適用されるのか、です。

乗る人全員でしょうか?

実はそうではありません。

年齢条件が適用される人と、適用されない人がいます

「35歳以上限定」にしたからといって、34歳以下の人が全員、無保険になってしまうわけじゃないんです。

ここは年齢条件を設定するうえで大事なポイントなのでしっかり理解して使いこなしましょう。

正しい年齢条件の決め方

正しい年齢条件の決め方を確認しましょう。

1.「記名被保険者」が誰になっているかチェックする

まず、年齢条件をチェックするときに大切なのは、自動車保険の「記名被保険者」を確認することです。

記名被保険者というのは、「その自動車をメインで運転する人」のこと。

「契約者」ではなくて、「記名被保険者」です。

自動車保険の証券を見れば、必ず記載がありますよ。

記名被保険者(自動車をメインで運転する人)を中心に、年齢条件を誰に適用するかが決まるからです。

2. 年齢条件が適用される人は「記名被保険者の同居の親族」

結論から言うと、年齢条件が適用されるのは「記名被保険者になっている人の、同居の親族」です。

逆に言えば、別居している人であれば年齢条件は適用されません。

ここを間違えると、払わなくてもいい保険料をムダに払ってしまうことになります。

年齢条件の設定が間違っている、よくある実例

よくあるケースですが、年齢条件が間違って設定されている例をご紹介します。

大学生の子どもは19歳。

今は、ひとり暮らしをしている。

お盆や年末などに帰ってきて、車を運転することがある。

この場合、よく誤解されているのが、

  • 19歳の子どもが乗るんだから、年齢条件は「年齢制限なし」にしておかないといけないんじゃないの?
  • もし車の保険が35歳以上限定になっていたら、1日限定の保険(ちょい乗り保険など)をかけないと無保険になるんじゃないの?

というものです。

すでに解説してきたように、別居の家族や知人・友人には年齢条件は適用されません。

このケースでは年齢条件の適用外。

車の保険が「35歳以上補償」になっていたとしても、補償の対象になります。

車の保険を「年齢問わず補償」にする必要もなければ、1日限定の「ちょい乗り保険」なども要りません。

ただし、別居のあいだは年齢条件が適用されませんが、実家に帰ってきたりしたら年齢条件が適用されますので、忘れずに手続きを!

「記名被保険者と一緒に住んでいる人のなかで、その車を運転する、一番若い人」を基準に年齢条件を設定しましょう。

各社の年齢条件の区分・割引率は?

年齢条件は、保険会社によって、区分や割引率が違っています。

年齢条件の区分

いくつか代表的な保険会社の年齢条件を調査してみました。

東京海上 三井住友 損保ジャパン ソニー損保 チューリッヒ
全年齢
21歳以上
26歳以上
30歳以上 × × ×
35歳以上 × ×

従来からある大手保険会社(東京海上、三井住友、損保ジャパン)は、30歳以上限定がありません。

逆に、ネットを経由して加入するダイレクト型の自動車保険(ソニー損保、チューリッヒ)は、30歳以上限定があるものの、35歳以上限定がない、という結果になりました。

また、そもそも年齢条件を設定することができない会社もあります。

おとなの自動車保険などは、記名被保険者(メインで運転する人)の年齢によって一歳刻みで保険料が変わるようになっていて、年齢条件の設定はありませんでした。

年齢条件でどれくらい安くなる?割引率を調査してみました

割引率は、各社、公開していないので正確なところは分かりませんが、一例として損保ジャパン日本興亜社から見積もりを取ってみました。

●THE クルマの保険(損保ジャパン日本興亜社) ●ホンダ・フィット(H25年式) ●記名被保険者の年齢:50歳 ●12等級 ●ゴールド免許 ●日常レジャー使用 ●対人賠償:無制限 ●対物賠償:無制限 ●人身傷害保険:5,000万円 ●弁護士費用特約

年間保険料 割引率
全年齢対象 94,760円 0%
21歳以上 64,290円 32%
26歳以上 43,570円 54%
35歳以上 41,820円 55%

まず「年齢問わず」と「21歳以上」では、30%以上、保険料に差が出ました。

「年齢問わず」と「26歳以上」では、50%以上! 2倍以上の保険料差があることが分かります。

逆に、26歳以上になると、35歳以上との違いはわずかでした。

まとめ

誤解されやすいポイントを解説しながら、年齢条件の設定の仕方をまとめてみました。

年齢条件が正しく設定できているかどうかで、保険料が大きく変わります。

一度、チェックしてみてくださいね。

なお、その他にも自動車保険を安くするテクニックを知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

必要な補償を残しつつ自動車の任意保険を安くする9つの方法

【おすすめ】補償をそのままに保険料を安くしませんか?

自動車保険は、どの保険会社も似たような補償を提供していますが、保険料はまったく違います。

保険を比較して、一番リーズナブルなものを選びたいときには一括見積もりサービスが便利です。

ほんの数分、必要な情報を入力するだけで、一気に最大20社までの見積もりを取ることができますよ。

インズウェブ自動車保険一括見積もり