【自動車保険の節約術】補償が重複!?チェックしたい4つの特約

自動車を何台も持っていると、それぞれの車に自動車保険をかけますよね。

そういった場合、知らず知らずのうちに補償がダブってしまい、無駄な保険料を払ってしまっているケースがあります。

今回は、自動車保険で補償が重複していないかチェックするために知っておきたい4つのポイントをお届けします。

自動車保険で補償が重複しやすい4つの特約

  1. 弁護士費用特約
  2. 人身傷害保険の「車外事故」補償特約
  3. 個人賠償責任特約
  4. ファミリーバイク特約

1. 弁護士費用特約

弁護士費用特約は、弁護士を依頼した場合の「着手金」や「報酬」をカバーする特約です。

  • 保険会社が動けない事故(こちらにまったく過失がない事故)
  • 相手が提示してきた賠償額に納得がいかない
  • 相手が無保険で、自分で交渉をするのが難しい

そういった場合に、お金の心配をすることなく弁護士に交渉を依頼することができます。

保険料は、年間で2,000円~3,000円程度が一般的です。

事故の相手との交渉を、もし自分でしなければいけないとなると非常に神経を使いますので、ぜひつけておきたいですね。

ただ、つけておく必要があるのは「(同居の)家族につき1つ」で十分なんです。

弁護士費用特約は、同居のご家族であれば、自分の名前の契約でなくても使うことができます。

例えば、ご主人の車に弁護士費用特約がついていれば、奥さんの車で事故をしても、その弁護士費用特約を使うことができます

ただ、ここで心配される方もいるでしょう。

弁護士費用特約を使えるのはいいけど、保険を使ったら翌年の保険料が上がっちゃうんじゃないの?

実は、弁護士費用特約を使うだけなら保険料は上がりません

重複していた場合はどうなる?

もし弁護士費用特約が重複していた場合は、どうなるのでしょう?

弁護士費用特約が2つあった場合には、その2つを合計した額まで補償が広がります。

例えば、ご主人の自動車で300万円までの弁護士費用、奥さんの自動車で300万円までの弁護士費用がついていた場合には、合計して600万円までカバーできる範囲が広がります。

とはいえ、一年の間に何度も弁護士を頼むような事態はレアケースでしょう。

通常は、一家族につき1つの弁護士費用特約があれば十分といえます。

自営業の方は注意!

ただし、弁護士費用特約が一家に1つでいいのは、「個人の車で、業務用ではない場合」です。

法人の車の場合には、一台一台に弁護士費用特約をかける必要があります。

また、個人でも自営業の方は、仕事に使う車は一台一台にかけておく必要があります。

そうしないと従業員が事故を起こした場合に、弁護士費用が使えません。

2. 人身傷害保険の「車外事故」補償特約

自分たちのケガの治療費などを払ってくれる「人身傷害保険」。

この人身傷害保険も、補償の重複をチェックしておく必要があります。

実は、人身傷害保険には「車内事故限定」と「車内+車外事故補償」の2パターンがあるんです。

車外事故も補償とは?

車外事故も補償するとは、どういったケースでしょうか。

例えば、

  • 歩いているときに、自動車にぶつけられた
  • 自転車に乗っているときに、自動車にぶつけられた

車外事故も補償する人身傷害保険に入っていれば、こうした場合でも自分の治療費等をカバーすることができます。

ですので、一台は「車内+車外事故補償」の人身傷害保険にしておくことをおすすめします。

ただ、二台目以降は「車内のみ」にしておかないと補償がダブってしまいます。

チェックしておきましょう。

3. ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約は、ご家族のバイクの事故を補償する特約です。

125CC以下のバイクに限るものの、ファミリーバイク特約を1つ契約していれば同居のご家族のバイク事故をすべてカバーできます。

なお、バイクが何台になっても、ファミリーバイク特約は1つで大丈夫なんです。

4. 個人賠償責任特約

個人賠償責任特約は、自動車保険につけられる特約で「他人をケガさせた、他人の物を壊した」場合に、相手への賠償金をカバーしてくれる特約です。

保険会社によっては日常生活賠償責任特約という名前になっていることもありますが、中身は同じです。

例えば、

  • 自転車に乗っているときに、歩行者にぶつかってケガをさせてしまった
  • 住んでいる家の2Fから物を落として、下に置いてあった他人の自動車を傷つけた

こういった場合に、相手への賠償をカバーしてくれます。

しかも、保険料は年間2,000円程度です。

保険のプロが必ずといっていいほどおすすめする、非常にコストパフォーマンスの高い特約です。

この個人賠償責任保険も、1つ入っていれば、同居の家族が自動的に補償の対象になります。

まとめ

最後にまとめましょう。

自動車保険で、補償が重複してしまいやすいのは、次の4つです。

  • 弁護士費用特約
  • 人身傷害保険の「車外事故」補償
  • ファミリーバイク特約
  • 個人賠償責任特約

この4つの特約をかけるときには、家族が乗っている他の車の保険をチェックして補償が重複しないようにしておきましょう。

年間5万円以上安くなる?自動車保険を節約する方法

自動車保険は、どこの会社も同じような補償を提供していますが、保険料は大きな違いがあります。

このサイトでも、プリウスの保険料相場アクアの平均保険料など、人気の車の保険料を比較してきましたが、同じ補償なのに年間2万円~5万円近く差が出ることが珍しくありません。

自動車保険を節約したいときには、保険会社の比較は必須と言ってもいいでしょう。

一括見積もりサービスを使えば、5分ほどで最大20社の見積もりを取ることができますよ。

自動車保険見積もりのインズウェブ

インズウェブ自動車保険一括見積もり