ホンダ・フリードの保険料相場は?

「ちょうどいい」をキャッチコピーにしているホンダ・フリード。

コンパクトミニバンとしては、トヨタ・シエンタと人気を二分する車です。

街乗りにちょうどいいサイズで狭い道や駐車場でも使いやすい反面、車内スペースはかなり広い!

4~5人家族ならラクラク乗れてしまいます。

この絶妙なバランスがホンダ・フリードの魅力であり、キャッチコピーにもなっている「ちょうどいい」ですよね。

今回は、ホンダ・フリードの自動車保険の相場を調査しました。

保険料も「ちょうどいい」ところに収まるんでしょうか。それとも、大きめの車なので高めになるんでしょうか。

ホンダ・フリードの保険料相場

フリードの自動車保険の相場をチェックしてみましょう。

自動車保険の保険料は「料率クラス」で決まる

普通車の自動車保険の保険料が高いか安いかをチェックするには、その車の「料率クラス」を確認します。

料率クラスにもとづいて、自動車保険の値段が決まるからです。

過去の事故実績にもとづいて、車の型式ごとに1~9までの料率クラスが決められています。

事故により保険の支払いが多い車は、料率クラスが高く保険料も上がります。

逆に、事故が少ない車であれば、料率クラスは下がり保険料も安くなります。

※注:料率クラスがあるのは普通車です。軽自動車などは対象外になります。

ホンダ・フリードの料率クラス

実際に、ホンダ・フリードの料率クラスを確認してみましょう。

対人 対物 傷害 車両
フリード(GB5) 4 4 4 3
  • 対人⇒「対人賠償」の保険料のもとになる数字です。
  • 対物⇒「対物賠償」の保険料が決まります。
  • 傷害⇒「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」といった、乗っている人のケガを補償する保険料のベースになります。
  • 車両⇒「車両保険」の保険料を左右します。

料率クラスは1~9まであり、1が一番保険料が安く、9が一番高くなります。

フリードの料率クラスを見てみると、対人だけが「5」、対物、傷害、車両は「4」になっています。

ライバル車(トヨタシエンタ、日産セレナ)との比較

ライバル車とくらべてみて、フリードの保険料は高いんでしょうか、安いんでしょうか。

フリードのライバルといえば、トヨタのシエンタ、日産・セレナあたりの名前がよく挙げられます。

対人 対物 傷害 車両
トヨタ・シエンタ(NSP170G) 4 3 4 4
日産・セレナ(C27) 4 4 4 4

コンパクトミニバン同士の保険料には、あまり大きな違いはないですね。

コンパクトミニバンは、家族が乗れるしっかりしたスペースを確保しつつも、保険料は決して高くないことが分かります。

ホンダ・フリードの年代ごとの平均保険料

次に、実際の年代ごとの保険料を確認してみましょう。

今回はソニー損保、損保ジャパン日本興亜の2社から見積もりを取ってみました。

ソニー損保は、インターネット経由で申込をするダイレクト型自動車保険のなかでも、とりわけ人気のある保険会社です。

損保ジャパン日本興亜社は、たった4社で日本のシェア90%以上を誇るメガ損保のなかの1社ですね。日本を代表する損保会社といってもいいでしょう。

見積もりの条件(2017年9月時点)
●ホンダ・フリードの(平成28年式・GB5)
●通勤通学使用(年間7,000km以下)
●ブルー免許
●対人賠償:無制限
●対物賠償:無制限
●人身傷害保険:5,000万円
●弁護士費用
●ロードサービス
●車両保険は「なし」「エコノミー(180万円)」「一般(180万円)」の3パターン

10代(18歳)の保険料相場

まず10代(18歳)の保険料相場をみていきましょう。

新規加入(6S等級)のケース

18歳で新しく自動車保険を契約するケースです。

18歳の自動車保険は、びっくりするような値段です。

年齢を問わず補償 車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 192.810円 付帯不可 付帯不可
損保ジャパン日本興亜 230,930円 347,750円 485,120円
年間保険料・平均 211,870円 347,750円 485,120円

未成年の自動車保険が高い理由は、事故率が高いからです。

最近、高齢者の自動車事故がよくニュースになりますが、実はもっと事故率の高い年代があります。

それが未成年なんです。

過去の事故率を反映して、18歳、19歳、20歳の3年間は非常に保険料が高額です。

おまけに、自動車保険の業界共通の割引である「等級制度」も、新規加入では割引がほとんどありません。

この2つの理由で、保険料が高くなってしまうんです。

等級を引き継ぐケース(17等級)

18歳が新規加入をするのは保険料が高すぎます。

とはいえ、無保険で走るわけにはいきません。

そこで、よく使われる方法が、親が加入していた自動車保険の等級を子どもに引き継いで保険料を抑える、というものです。

18歳の自動車保険の相場は?高すぎる未成年の保険料を安くする方法

ここでは、仮に17等級(53%割引)を引継ぐことができた場合、どれくらいの保険料になるかを表示することにします。

年齢を問わず補償 車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 71,380円 109,070円 154,590円
損保ジャパン日本興亜 87,630円 135,950円 192,780円
年間保険料・平均 79,505円 122,510円 173,685円

それでも安いとは言えませんが、現実的な金額になりましたね。

未成年の人が自動車保険に入るときには、ぜひ等級の引継ぎができないかどうかを検討してみてください。

自動車保険の等級を引継ぎする方法と条件

20代前半(21歳)の保険料相場

20代前半(21歳)の保険料相場を見ていきましょう。

非常に保険料が高い、18歳、19歳、20歳を過ぎて、21歳を迎えると保険料をグッと下げることができます。

年齢条件で「運転者21歳以上限定」を使うことができるようになるからです。

加えて、事故がなければ等級も進んでいるでしょうから、その割引の分も保険料が下がります。

9等級のケース

18歳で新規加入(6S等級)だったとすると、21歳のときには9等級になっているはずです。

 21歳以上限定 車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 49,400円 74,330円 104,440円
損保ジャパン日本興亜 71,290円 106,890円 148,750円
年間保険料・平均 60,345円 90,610円 126,595円

17等級のケース

同じ条件で17等級のケースも見てみましょう。

21歳以上限定 車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 40,890円 61,450円 86,280円
損保ジャパン日本興亜 59,580円 89,930円 123,450円
年間保険料・平均 50,235円 75,190円 104,885円

20代後半(26歳)の保険料相場

20代後半(26歳)の保険料相場を確認してみましょう。

同じ20歳でも、26歳になると「運転者26歳以上限定」を使うことができるようになります。

20代前半とくらべて、もう一段保険料が下がりますよ。

13等級のケース

18歳で新規加入(6S)をして、事故がなければ13等級まで進んでいます。

13等級は49%の割引です。

26歳以上限定 車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 34,870円 51,000円 70,480円
損保ジャパン日本興亜 51,240円 76,120円 105,370円
年間保険料・平均 43,055円 63,560円 87,925円

20等級のケース

等級を引き継いでスタートしていれば、26歳の時点で等級が最高まで進んでいることもあるでしょう。

最高の20等級になれば、63%もの割引が適用されます。

26歳・20等級の保険料相場です。

26歳以上限定 車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 25,550円 37,250円 51,380円
損保ジャパン日本興亜 38,410円 56,460円 77,680円
年間保険料・平均 31,980円 46,855円 64,530円

30代の保険料相場(20等級)

30代は、保険会社によって年齢条件の設定が変わってくる年代です。

  • 「運転者30歳以上限定」が適用できる保険会社
  • 「運転者35歳以上限定」が適用できる保険会社
  • 「30歳以上」も「35歳以上」も、どちらも持っている保険会社

どちらかといえば、ネット型の損害保険会社は「30歳以上限定」を適用できる会社が多く、対面で加入する大手損保会社は「35歳以上限定」を適用できる会社が多いように思います。

また、18歳で新規加入をした人も、事故がなければ30代で20等級に到達します。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 20,770円 30,950円 43,250円
損保ジャパン日本興亜 36,050円 52,000円 70,750円
年間保険料・平均 28,410円 41,475円 57,000円

20等級ともなると、63%もの割引率があるので保険料が低くなる一方、それ以上は保険料が下がらなくなります。

会社によって保険料の差が大きいので、保険会社を比較してリーズナブルに抑えましょう。

40代の保険料相場(20等級)

40代に入ると、保険料が下がる要素がほとんどありません。

  • 等級は最高の20
  • 年齢条件は「35歳以上」が限界

保険料を安くしたいなら、「補償を見直す」か「保険会社を比較する」くらいしか方法がなくなってくる年代です。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 20,700円 31,220円 43,940円
損保ジャパン日本興亜 34,190円 49,910円 68,390円
年間保険料・平均 27,445円 40,565円 56,165円

50代の保険料相場(20等級)

50代も、40代と同じような傾向が続きます。

事故が少ない年代のわりに、保険料が下がる要素が少ないです。

割引も最高の20等級まで進んでいるケースが多いですし、年齢条件も最高(35歳以上限定)になっているからです。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 20,710円 31,520円 44,580円
損保ジャパン日本興亜 33,820円 49,610円 68,180円
年間保険料・平均 27,265円 40,565円 56,380円

自動車保険を安くするには

ホンダ・フリードの年代別の保険料相場はいかがでしたでしょうか。

たった2社の見積もりを比べただけで、年間で2万円、3万円といった差が出ているのが分かります。

自動車保険を安くするには、いくつかの保険会社の見積もりを比べてみるのが一番です。

補償をそのままにしながら値段を抑えることができるからです。

いくつもの見積もりをラクに取るには、一括見積もりサービスの利用が便利ですよ。

5分ほどの手間で最大20社の保険会社を比べながら、一番安い自動車保険を選ぶことができます。

フリードの保険料を一括見積もりしてみる

なお、ほかにも自動車保険料を安くするヒントが知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

必要な補償を残しつつ自動車保険を安くする9つの方法