自動車保険の弁護士費用特約は必要?いつ、どんな場面で使うの?

自動車保険には、「弁護士費用補償特約」がついていることがあります。

弁護士を立てた場合の「着手金」や「弁護士報酬」を補償してくれる特約です。

限度額は保険会社によって違いますが、 300万円が限度になっていることが多いです。

保険料としては、年間3,000円程度ですね。

弁護士費用特約は、いつ、どんな場面で使うんでしょうか?

本当に必要なものでしょうか?

弁護士費用の使いどころを確認しておきましょう。

自動車保険に「弁護士費用特約」がある理由

自動車事故をおこした場合、通常は、保険会社が相手との話し合いをして、解決までもっていってくれます。

「示談代行」と呼ばれるサービスですね。

保険会社が動ける場合には、それで問題ありません。

過失がなければ保険会社は動けない

ですが、実は「保険会社が動けない事故」というものがあります。

それは、「こちら側にまったく過失がない」ケース。

  • 停まっているときにぶつけられた
  • 相手がセンターラインをオーバーしてつっこんできた
  • 後ろから追突された

こうした事故は、こちらの過失は0%で、相手が100%というのが通例です。

過失がないと動けないのは「弁護士法」のため

保険会社というのは、「過失がないと動けない」のです。

もともと日本には「法律上の交渉をしていいのは、弁護士だけですよ」という法律があります。

「弁護士法」第72条です。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条  弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

保険会社の社員も、全員弁護士の資格を持っているわけではありません。

この法律をそのまま適用すると、保険会社の示談代行サービスは法律違反になってしまいます。

ですが、すべての事故を弁護士にお願いするわけにもいきません。

そこで、「過失のある事故」に限って特例として、保険会社が動いて相手との示談を代行してもよい、ということになっているんです。

被害事故なら、相手の保険会社から連絡がくるが…

こちらの保険会社がまったく動けないとすれば、どうすればいいんでしょう?

通常は、相手が100%悪いんですから、相手の加入している保険会社が連絡をしてきます。

そこで満足いく対応であれば問題ないのですが、中にはそうではないケースもあります。

  • 相手の保険会社の対応に不満がある
  • そもそも相手が無保険で、対応が悪い

こういった場合には、自分で交渉をするか、代理人を立てるかしかありません。

けれど、いつも事故の対応をしている保険会社を相手に、自分で交渉をするのは至難の業です。

また、無保険の相手との直接交渉をするのは、とても骨が折れます。

そうすると、代理人として弁護士を立てることが現実的な選択肢になります。

そんなときに、弁護士費用特約を使って、弁護士を立てれば一切の交渉を任せることができます。

弁護士費用の知っておきたいポイント

弁護士費用特約について、知っておきたい3つのポイントをまとめます。

  1. 自分の自動車保険には弁護士費用がない…
  2. 弁護士のツテがない…
  3. 保険料が上がるのが心配なんだけど…

1. 自分の自動車保険には弁護士費用がない…

ご自身の車に弁護士費用特約がついていないケースでも、あきらめないでご家族の自動車保険をチェックしてみてください。

弁護士費用特約は、「同居のご家族」が、全員対象になります。

同居しているご家族の自動車保険に、どれか一台でも弁護士費用特約がついていれば、それを使うことができますよ。

逆にいえば、一家で何台も自動車を持っている場合には、複数の弁護士費用特約がダブってしまうこともあります。

基本的には、同居のご家族のどれかの契約に弁護士費用特約を1本つけて、ほかは外すことを検討してもいいでしょう。

【自動車保険の節約術】補償が重複!?チェックしたい4つの特約

2. 弁護士のツテがないど…

とはいえ、「弁護士のツテなんてないよ…」

そうですよね。

知り合いに弁護士がいなければ、保険会社に相談をしてみてください。

「弁護士費用特約を使って、弁護士を立てたいんですが、紹介をお願いできますか」と伝えれば大丈夫です。

もし知り合いに弁護士がいる場合には、その人に頼みたい旨を保険会社に伝えれば対応してくれます。

3. 保険料が上がるのが心配なんだけど…

「自動車保険を使ったら、保険料が上がるんじゃないの?」

そういったご心配もあるかもしれませんが、大丈夫です。

弁護士費用を使うだけなら、翌年の保険料は上がりません

弁護士費用特約は等級が下がらないので割引率がダウンすることもないからです。

まとめ

弁護士費用特約は、もらい事故の場合に、非常に頼りになる特約です。

保険料としては年間で3,000円程度ですので、一緒に住んでいる家族の自動車のうち、どれか一台にはつけておくのがおすすめです。