ASV割引がスタート。自動ブレーキ搭載の車は保険料が割引に。

2018年1月に自動車保険が改定となります。

今回の改定は、特定の会社ではなく、業界全体に影響する改定です。

メインになっているのは「安全装置つきの車の保険料を割引する」こと。

ASV割引という名前で、9%の割引が適用されます。

ほとんど1割引ですから、ゴールド免許割引にも匹敵する大きな割引です。

詳しくご紹介します!

安全装置つきの車とは

安全装置つきの車は、ASV車と呼ばれています。

ASVは、Advanced Safety Vehicleの略で、日本語にすると「先進安全自動車」といった感じになります。

先進技術を使って、安全な運転をサポートする車のことです。

自動車メーカーは各社、この分野には力を入れており、開発を進めていますね。

  • トヨタ:セーフティセンス
  • ホンダ:ホンダセンシング
  • 日産:プロパイロット
  • スバル:アイサイト

などです。

具体的に、どんなシステムを搭載している自動車かというと、

  • 自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)
  • レーンキープアシスト
  • アダプティブクルーズコントトロール

上記のような機能を搭載した車のことをいいます。

衝突軽減ブレーキ

衝突が予想されるときに、自動的にブレーキをかけて減速させるシステムですね。

レーンキープアシスト

車線から逸脱しそうになると警告をならしたり、車線内を走るように自動でステアリングしてくれる機能です。

アダプティブクルーズコントロール

クルーズコントロールをさらに賢くして、前の車との車間距離を維持しながら一定速度を保ってくれるシステムです。

例えば、時速85kmで設定をすると、前に車がいないときには85kmを維持して走ります。

車間距離が詰まってくると、自動的に減速して70kmや65kmといったように、前の車との車間距離を維持して走ります。

スバルが公表した、衝突軽減ブレーキの効果

いろいろな機能がついているASVですが、その中でも、事故率を下げるのに大きな効果を持っているのが「自動ブレーキ」(衝突軽減ブレーキ)です。

車に設置してあるセンサー(光学式カメラやミリ波レーザー、赤外線レーザーなど)で、障害物を感知し、ドライバーに警告アラームを鳴らしたり、自動でブレーキをかけたりする機能です。

自動ブレーキで、どれくらい事故が減っているのかについては、「アイサイト」を提供しているスバルが分析をしたものがあります。

自動ブレーキがある車とない車をくらべると、事故率は6割減、特に追突事故は8割以上減っているという結果が得られたようです。

非常に効果が大きいですね。

これだけ事故が少なくなれば、自動車保険が安くなるのも当然のことです。

ASV割引の仕組み

ASV割引の仕組みについて解説していきます。

ASV割引の対象車種

まず、対象車種です。

いろいろな安全システムを搭載しているASV車ですが、自動車保険の割引になるかどうかは「自動ブレーキ」(衝突軽減ブレーキ)が搭載されているかどうかが基準です。

衝突軽減ブレーキが搭載されている車で、

  • 自家用普通乗用車(ナンバープレートが3で始まる)
  • 自家用小型乗用車(ナンバープレートが5もしくは7で始まる)
  • 自家用軽自動車

この3つの車種が、ASV割引の対象になります。

軽トラなどは対象外ですので注意が必要です(軽トラは自家用軽貨物車にあたるため)

ASV割引を導入する保険会社

大手損害保険会社は、いずれも2018年1月1日以降の契約にASV割引を適用することを発表しています。

具体的に保険会社の名前をあげるなら、

  • 東京海上日動
  • 三井住友海上
  • あいおいニッセイ同和
  • 損保ジャパン日本興亜
  • AIG損保

いずれも、2018年1月1日以降に保険始期がある契約について、自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を搭載している車の保険料を一律9%割引く、という内容です。

一方、インターネットを経由して加入するダイレクト型(通販型)の保険会社は、まだASV割引の導入を発表していないところが多いです。

安い保険料に定評のあるSBI損保は2018年1月1日からの提供を発表していますが、ダイレクト型で人気のあるソニー損保やイーデザイン損保、おとなの自動車保険などはまだ導入時期を発表をしていません。

ASV割引の適用について

ASV割引の適用は「普通車」と「軽自動車」で大きな違いがあります。

 

普通車の場合

普通車の場合には、衝突軽減ブレーキが搭載されており、なおかつ「型式発売後3年以内」であることが条件になっています。

どうして3年間という期間限定の割引になっているのでしょうか。

実は、ASV割引が「経過措置」のような扱いになっているからです。

普通車の保険料は、過去の事故率にもとづいて決まっており、一年に一度見直しが行われています。

ですので、発売して時間が経てば、事故の少ない車の保険料は自然と下がっていきます。

一方、発売して間もない車の場合には、過去の事故率のデータがそろっておらず、安全装置を搭載している車であっても、割高な保険料になっているのが実態でした。

そこで、ひとまず3年間、事故がどれくらい減るかデータがそろうまでは一律9%の割引をして、それ以降は、実際の事故率に応じて保険料を設定する、ということになっているのです。

一言で「安全装置」「自動ブレーキ」といっても、各社、その性能はまちまちです。

スバルはアイサイト搭載した車と、搭載していない車の事故率を公表しましたが、ほかのメーカーはそこまで踏み込んでいません。

一律に割引をするのはほんとうは乱暴で、性能がいい自動ブレーキだったらもっと割引をして当たり前ですよね。

軽自動車の場合

軽自動車の場合には、衝突軽減ブレーキが搭載されていればASV割引の対象になります。

普通車のように、期間の制限などはありません。

普通車の場合には、車の型式ごとに事故率を集計して、保険料に反映していくシステムがありますので、ASV割引はあくまで事故率のデータがそろうまでの経過措置という位置づけになっています。

一方、軽自動車の場合には、そういったシステムがありません。

ですので、期間の制限なく一律9%割引きするということになっています。

ASV割引を適用するためには証明が必要?

ASV割引を受けるためには、書類や手続きが必要なのでしょうか。

せっかく割引があっても、いちいち「自動ブレーキがついているのを証明しなくちゃいけない」となったら面倒ですよね。

ASV割引は、自動的に適用されるため証明は必要ありません

車検証に載っている「車体番号」をもとに、その車に衝突軽減ブレーキが搭載されているかをチェックするデータベースが保険会社に整備されています。

ASV割引を使うために証明や特別な手続きはいりませんが、「2018年1月1日以降に保険がスタートする契約が対象」という点は注意が必要です。

保険の途中では適用になりません

例えば、2017年4月1日から2018年4月1日までの保険に入っていたら、ASV割引が適用されるのは2018年4月1日からで、保険を更新した後からになります。

まとめ

先進安全自動車(ASV)が何なのかや自動ブレーキ割引の仕組みについて解説しました。

先進安全自動車にすでに乗っている人には、嬉しいニュースですよね。

また、買い替えを検討している人にも、ぜひ頭に入れておきたいポイントです。

ほかにも自動車保険を安くするテクニックを知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

【保存版】自動車保険を安くする10の方法(2018年対応)