トヨタ・アクアの保険料相場は?年代ごとに3社の保険料を比較!

2011年の発売以来、高い人気を維持しているトヨタ・アクア。

ハイブリッドだからこそ出せる高い燃費と、コンパクトで街乗りに便利なサイズを料率した車です。

今回は、アクアの自動車保険について徹底解説します。

保険会社3社から、アクアの見積もりを年代ごとに取って比較してみました!

アクアの自動車保険の相場をほかの車と比べると

アクアの自動車保険の相場は、他の車に比べて高いんでしょうか、安いんでしょうか。

自動車保険の保険料はどう決まる?

普通車の自動車保険の保険料が高いか安いかを確認するには、その車の「料率クラス」を確認します。

自動車保険の値段は、この料率クラスにもとづいて決まるからです。

※料率クラスがあるのは普通車の場合です。軽自動車などは対象外になります。

過去の事故実績にもとづいて、車の型式ごとに1~9までの料率クラスが決められています。

アクアの料率クラス

実際に、アクアの料率クラスを確認してみましょう。

対人 対物 傷害 車両
アクア(NHP10) 5 5 4 4
  • 対人⇒「対人賠償」の保険料のもとになる数字です。
  • 対物⇒「対物賠償」の保険料が決まります。
  • 傷害⇒「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」といった、乗っている人のケガを補償する保険料のベースになります。
  • 車両⇒「車両保険」の保険料を左右します。

料率クラスは1~9まであり、1が一番保険料が安く、9が一番高くなります。

アクアの料率クラスを見てみると、対人と対物が「5」、傷害と車両が「4」です。

平均的な料率クラスですが、アクアとよく比較されるコンパクトカーのなかでは、少しだけ保険料が高めです。

アクアのライバルとされる、ホンダ・フィット日産・ノートの料率クラスは、以下のようになっています。

対人 対物 傷害 車両
ホンダ・フィット(GP5) 5 4 4 4
日産・ノートe-Power(HE12) 4 4 4 4

「平均的な料率クラスではあるけれども、コンパクトカー同士で比べると少しだけ高め」というのが、アクアの保険料水準です。

アクアの年代ごとの平均保険料

次に、実際の年代ごとの保険料を確認してみましょう。

今回はソニー損保、イーデザイン損保、三井住友海上の3社から見積もりを取ってみました。

見積もりの条件(2017年8月時点)
●トヨタ・アクア(平成27年式・NHP10) ●通勤通学使用(年間7,000km以下) ●ブルー免許 ●対人賠償:無制限 ●対物賠償:無制限 ●人身傷害保険:5,000万円 ●弁護士費用 ●ロードサービス
●車両保険は「なし」「エコノミー(150万)」「一般(150万円)」の3パターン

10代(18歳)の保険料相場

10代を補償の対象にするためには、年齢条件のところで「年齢問わず補償」を選ぶことになります。

「年齢問わず補償」は、どの保険会社も保険料を相当高く設定しています。

特に、新規加入(等級6S)となると、現実的とはいえないレベルの保険料です。

そこで、ご家族が持っている自動車保険の等級(割引率)が進んでいれば、それを引継いで保険料を安く抑える方法がよく使われます。

そこで、新規加入と、等級を引き継いだケースを想定して、見積もりを取ってみました。

新規加入(6S等級)のケース

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 228,190円 契約不可 契約不可
イーデザイン損保 211,130円 315,230円 449,880円
三井住友海上 276,830円 438,740円 618,970円
年間保険料・平均 238,717円 376,985円 534,425円

ソニー損保では、18歳で新規加入だと、車両保険が付けられませんでした。

等級を引き継ぐケース(17等級)

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 84,370円 128,580円 181,980円
イーデザイン損保 84,070円 123,660円 174,880円
三井住友海上 105,630円 164,990円 231,040円
年間保険料・平均 91,357円 139,077円 195,967円

17等級では57%割引が適用されるため、新規加入に比べて、保険料は4割ほどになっています。

どの等級が、どれくらいの割引率になっているかは、こちらのページにまとめていますよ。

自動車保険で一番大きな割引・等級の仕組みと割引率を徹底解説!

また、高すぎる未成年の自動車保険を安く抑えるテクニックはこちらです。

18歳の自動車保険の相場は?高すぎる未成年の保険料を安くする方法

20代前半(21歳)の保険料相場

21歳になると、どの会社も「21歳以上の限定補償」を使うことができるようになるので、保険料がグッと下がります。

9等級のケース

18歳で新規加入したとすると、21歳のときには9等級になっているはずです。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保損保 58,110円 87,360円 122,680円
イーデザイン損保 68,190円 100,180円 141,560円
三井住友海上 80,750円 122,320円 168,570円
年間保険料・平均 69,017円 103,287円 144,270円

等級を引き継ぐケース(17等級)

17等級だと、どれくらいの相場でしょうか。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 48,080円 72,190円 101,310円
イーデザイン損保 57,640円 83,510円 116,970円
三井住友海上 67,680円 101,930円 140,030円
年間保険料・平均 57,800円 85,877円 119,437円

26代後半(26歳)の保険料相場

26歳になると、「26歳以上の限定補償」を使うことができるようになります。

13等級のケース

18歳で新規加入していた方は、事故がなければ13等級まで進んでいます。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 40,910円 59,820円 82,670円
イーデザイン損保 44,350円 62,510円 86,010円
三井住友海上 58,880円 89,200円 122,930円
年間保険料・平均 48,047円 70,510円 97,203円

等級を引き継ぐケース(20等級)

等級を引き継いでスタートしていれば、最高の20等級(63%割引)まで進んでいるケースもあるでしょう。

20等級の保険料相場をみていきましょう。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 29,930円 43,650円 60,230円
イーデザイン損保 31,480円 43,540円 59,130円
三井住友海上 44,440円 66,400円 90,810円
年間保険料・平均 35,283円 51,197円 70,057円

30代の保険料相場(20等級)

30代は、保険会社によって対応が分かれている年代です。

年齢条件が細かく設定できる保険会社と、できない会社があります。

  • 「30歳以上限定」を用意している保険会社
  • 「35歳以上限定」を用意している保険会社
  • どちらも用意している保険会社

また、18歳で新規加入をした人も、事故がなければ30代で20等級に到達します。

20等級は63%もの割引率があるので、保険料が大きく下がる一方、それ以上、保険料が下がりにくくなります。

保険会社を比較して、保険料をリーズナブルに抑えたいですね。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 24,220円 36,170円 50,590円
イーデザイン損保 26,000円 35,810円 48,490円
三井住友海上 42,570円 62,660円 84,990円
年間保険料・平均 30,930円 44,880円 61,357円

40代の保険料相場(20等級)

40代に入ると、保険料が下がる要素がなくなってきます。

  • 等級は最高の20
  • 年齢条件は「35歳以上」が限界

保険料を安くしたいなら、「補償を見直す」か「保険会社を比較する」くらいしか方法がなくなってきます。

20等級の見積もりを取ってみました。

車両保険なしでも3社のあいだで年間15,000円、一般車両がついているケースだと27,000円近い差額が出ているのが分かります。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 24,150円 36,490円 51,400円
イーデザイン損保 26,590円 37,150円 50,810円
三井住友海上 39,780円 58,250円 78,780円
年間保険料・平均 30,173円 43,963円 60,330円

50代の保険料相場(20等級)

50代も、40代と同じような傾向が続きます。

保険料が下がる要素がほとんどありません。

車両なし エコノミー 一般車両
ソニー損保 24,160円 36,840円 52,160円
イーデザイン損保 27,790円 39,010円 53,530円
三井住友海上 40,770円 60,530円 82,490円
年間保険料・平均 30,907円 45,460円 62,727円

ほとんど同じ補償の内容なのに年間の保険料に数万円の差が出ています。

事故が少ないのであれば、ネット経由で加入するダイレクト型への切り替えを検討するのも良いでしょう。

ダイレクト型と、ディーラーや保険代理店で加入する大手損保の違いが気になる方は、こちらの記事もどうぞ。

自動車保険はネット・代理店・ディーラー、どこで入るのがおトク?メリット・デメリット比較

まとめ

アクアの年代別の保険料相場をまとめてみました。

アクアは平均的な保険料の車ですが、保険会社によって、年間で2万円、3万円といった差が出ているのが分かります。

たった3社の見積もりを比べただけで、これだけの差です。

自動車保険は掛け捨てですから、なるべく安く抑えたいところですよね。

どれだけ安くなるか見てみたい方は、一括見積もりサービスを使ってみてください。

ほんの5分程度で最大20社の見積もりを取ることができますよ。

↓一括見積もり大手のインズウェブはこちらから↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり